ソーシャルネットワーキング
A.V.A 研究ブログ ランチェスター理論 (法則)

A.V.A 研究ブログ

SAに続きA.V.A(Alliance of Valiant Arms)でもブログを作成。。知っていれば役に立つ!?微妙ネタを提供。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ランチェスター理論 (法則) 

皆様 アンケートありがとうございました。 (【アンケート実施】 5人 vs 3人)

最多の回答は・・・・  のことより、

考える事が今回のテーマ。 


今、コメントをいただいてる方のコメントを確認しましたが・・・・

自分が記事にしようとした事が見事書かれてましたね。 ;;)


それも、韓国人プレイヤーの方に。

日本人AVAプレイヤーの方! コメントしてね!

&勉強してね!!!


結論から言うと、この法則のことです。↓

・wikipedia ランチェスターの法則

(説明はつづきへ)



A0はA軍の初期の兵員数
Atは時間 t におけるA軍の残存する兵員数
B0はB軍の初期の兵員数
Btは時間 t におけるB軍の残存する兵員数
Eは武器性能比(Exchange Rate)=(B軍の武器性能)÷(A軍の武器性能)
(軍の戦闘力)=(武器性能)×(兵員数)



【第1法則】 「一騎打ちの法則」 A0-A1=E(B0-B1)


読んで字の如く。 柔道などの団体戦をイメージ。 1 on 1で勝負。

「5- 3=2」  A側が、2生き残るという話。


法則名の通り、 「1人が1人としか戦えない」 状況下での話し。



【第2法則】 「集中効果の法則」 A0^2-A1^2=E(B0-2-B1^2)

「5 vs 3 」⇒ 「5の2乗 vs  3の2乗」

 =√25 vs √9

 =√25-9

 =√16

 =4

つまり、A側が『兵力4』 を残して勝つという数式。

これが、ランチェスター理論(法則)です。 (´・ω・`)b




始めにこれを読んだ時、ちんぷんかんぷんでしたw

例えで計算すると、結構簡単に理解できます。

【3000人 vs 5000人】

圧倒的に3000人が不利に見えますが、3000人はかたまり、

5000人は、1000ずつの部隊に分かれて戦闘が行われた場合。



①3000 vs 1000  ⇒ 2828 vs 0 。

②2828 vs 1000 ⇒ 2646 vs 0 。

③2646 vs 1000 ⇒ 2449 vs 0 。

④2449 vs 1000 ⇒ 2236 vs 0 。

⑤2236 vs 1000 ⇒ 2000 vs 0。


つまり、3000人 vs 5000人と、圧倒的な戦力差があっても

上記の戦い方をすれば、2000 vs 0 にすることが出来るという理論。
 

FPSゲーでは有名な理論だと思ってるんですが、

最近どこにも見ないなーと。。。。



自分のブログで紹介しようと思って、連載にしてみました。




コメントくれた方の中で、唯一 「ランチェスター理論」 を指摘されたのは

韓国人AVAプレイヤーの方のみ。 流石っス!!



日本人としては、ちょっぴり寂しい気分  ;;)
[ 2009/10/01 19:56 ] 上達講座シリーズ | TB(0) | CM(2)
戦術の基本は各個撃破だ



ってヤン・ウェンリーが言ってた
[ 2009/10/01 21:30 ] [ 編集 ]
宇宙暦800年に亡くなった方みたいですね。へー。
[ 2009/10/01 21:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

Hunter

Author:Hunter
年齢:おっさん
階級:(V1の1つめ)

rink:現在フリーです。
相互リンクはAVA関連の
個人ブログのみとさせて
いただいております。
一言コメントよろしくです。

C4(>Д<)
FPS上達指南道場
banner100.gif


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。