ソーシャルネットワーキング
A.V.A 研究ブログ 死んで学ぶ (爆破:衝突地点(Encounter Point))

A.V.A 研究ブログ

SAに続きA.V.A(Alliance of Valiant Arms)でもブログを作成。。知っていれば役に立つ!?微妙ネタを提供。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

死んで学ぶ (爆破:衝突地点(Encounter Point)) 

爆破MAPで2番目に重要なことは、ラウンド開始直後の

「遭遇地点(衝突地点) : Encounter Point(以後略してEP)」 を覚えること。

(1番目に重要なことはMAPを覚えること。基本中の基本すぎる話なので省略)

【初心者】 死にまくるかもしれませんが、ラウンド開始後のダッシュで、どこまでいけば敵と遭遇するのか

体で覚えましょう。「1ゲームぐらいは勉強だ!」 と割り切り、先頭で死んで学びましょう。

全ルートのEPを、まず覚えること。

キャラ・持っている武器によっても移動速度が違うことも頭に入れておく必要あり。
⇒機動性のデータ比較

【中級編】
EPを覚えたら、次は 手榴弾での Kill 技術を習得しましょう。

たとえ Killできなくても、相手の出足を遅らせることが出来るので、応援や裏取り部隊の時間稼ぎが

できるので、決して無駄ではありません。チームにとっては有効です。


【上級編】
EPでは手榴弾の投げ合い場所にもなりますが、ポイントマンの突っ込み所でもあり

手榴弾をかいくぐって手榴弾を投擲中の敵を倒したり、また迅速な行動で味方主力部隊と

交戦中の敵の裏を突くことができれば、一網打尽にすることができます。


そのためにも、ポイントマンの移動速度スキルを取得した上で、再度EPを確認する必要あり。

(ポイントマンスキル取得したキャラは、本当に出足が速い。クラン鯖は野良部屋とEPが違うことを痛感。UZI 2枚で突っ込まれた時は・・・痛かった・・・。)



【まとめ】
EP区画を確保した側が、有利なゲーム展開に運べるので

野良部屋の爆破MAPで遊ぶときは、初心者も上級者も EPを常に研究しながらゲームをすると

クラン戦で大きく活躍できることは間違いない (はず?!)

失敗は成功の元と言いますが、工夫しながら・考えながら特攻を続けていけば

間違いなく自分のレベルアップに繋がりますので、死を恐れず つっこもう!
[ 2008/11/27 14:46 ] A.V.A ネタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

Hunter

Author:Hunter
年齢:おっさん
階級:(V1の1つめ)

rink:現在フリーです。
相互リンクはAVA関連の
個人ブログのみとさせて
いただいております。
一言コメントよろしくです。

C4(>Д<)
FPS上達指南道場
banner100.gif


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。